So-net無料ブログ作成
検索選択

脳卒中対策基本法「来年めどに議員立法化」−民主議連・石森幹事長(医療介護CBニュース)

 4月末に発足した民主党脳卒中対策推進議員連盟(田中慶秋会長)の石森久嗣幹事長は5月19日、日本脳卒中協会(山口武典理事長)とファイザーが開催した「脳卒中啓発プレスセミナー」に出席し、脳卒中対策基本法(仮称)について、「来年をめどにしっかりと議員立法化していきたい」とあいさつした。

 脳神経外科医として15年の経験がある石森氏は、脳卒中の対策としては、地域の開業医や行政関係者らによる啓発活動と共に、救急・リハビリ体制の整備などが必要だとの認識を示した。その上で、脳卒中対策基本法(仮称)を理念法に終わらせないため、都道府県による対策計画の推進を後押しする考えを強調した。

 日本脳卒中協会など11団体は昨年10月、脳卒中対策基本法(仮称)の立法化を目指す「脳卒中対策立法化推進協議会」を設立。一般市民や患者、医療介護関係者向けの広報活動を行うほか、各政党に立法化を働き掛けている。


【関連記事】
患者・家族への支援活動を顕彰−脳卒中協会が「サノフィ・アベンティス賞」
高血圧症予防を目指し「塩を減らそうプロジェクト」が発足
脳卒中対策の立法化に向けて協議会を設立
「脳卒中政策サミット」を開催―対策基本法の実現目指す
男性の循環器疾患の発症リスク、生活を楽しむ意識が影響

「矢臼別で訓練やっていい」普天間問題で宗男氏(読売新聞)
今度は「麗子」像! 傾く=両さん壊されたばかり―東京・亀有(時事通信)
角膜を親族優先提供 50代夫から妻に 改正移植法で初(産経新聞)
早朝、マクドナルドに強盗9万円わしづかみ 京田辺市(産経新聞)
1歳の孫の首を絞めた疑い 殺人未遂の現行犯で48歳女を逮捕 東京(産経新聞)

東京高裁塀に赤ペンキ=母娘を確保−警視庁(時事通信)

 6日午前10時45分ごろ、東京千代田区霞が関の東京高裁職員から、「高裁の塀に赤ペンキを掛けた女が2人いる」と110番があった。警視庁丸の内署員が駆け付けたところ、いずれも埼玉所沢市の無職女(92)と長女(70)が警備員に取り押さえられており、2人がペンキを掛けたと認めたため、器物損壊容疑で事情を聴いている。 

「憲法記念日」各地で集会 民間臨調「憲法審査会始動を」社民・福島氏「阻止する」(産経新聞)
カルテル疑惑でウソ申告、課徴金減免見送りへ(読売新聞)
メーデー 全国一斉に集会開催(毎日新聞)
茜だすきに姉さんかぶり、八十八夜の宇治茶摘み(読売新聞)
水上バイクで2人死亡=1人不明、利根川で−茨城(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。