So-net無料ブログ作成

東門駅 (台南市)

東門駅(とうもんえき)はかつて台湾台南市東区にあった台湾鉄路管理局縦貫線及び台湾糖業鉄道関廟線の駅(廃駅)である。駅構造台鉄島式ホーム2面4線で2つのホームの間にある地上駅であった。 駅舎は無かった保存状況台鉄 ホーム跡が存在する。台糖 よそ新樓医院の前に位置し、かつては台鉄に乗り換える事が出来た。現在、痕跡は無い。駅周辺新樓医院台湾府城大東門(迎春門)東門圓環台南神学院新豊郡郡役所(解体、現 復興市場)歴史台鉄東門駅1931年8月1日 - 東門町乗降場(歴史的仮名遣:たうもんちやう-)として開業した。気動車のみが停車した。1942年 - 第二次世界大戦時に石油の欠乏により気動車の運行は停止した。1952年7月1日 - 戦後に東門駅として復活した。1971年頃に廃止となった。[1]台湾糖業鉄道東門駅1948年10月10日 - 関廟線が開通した。当時の台南駅は裕豊街と東門路の境界に設けられた。1954年6月6日 - 関廟線の市内区間が路線変更となり、台鉄台南駅付近まで延伸され、同時に本駅が新設された。1958年7月1日 - 廃止。1969年5月20日 - 台南=東門間の路線が廃止され本駅が終端駅として復活した。1972年8月1日 - 全線で旅客取扱を廃止。隣の駅台湾鉄路管理局縦貫線 台南駅 - 東門駅 - 南台南駅(廃駅) - 保安駅台湾糖業鉄道関廟線(廃線) 台南駅 - 東門駅 - 徳光駅(廃駅)出典^ 東門車站(驛站之旅)外部リンク台湾黄昏地帯 台南 東門駅跡の訪問記 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%96%80%E9%A7%85_(%E5%8F%B0%E5%8D%97%E5%B8%82)」より作成カテゴリ: 改名提案 | 縦貫線南段の鉄道駅 | 台湾糖業鉄道 | 台湾の廃駅 | 台南市隠しカテゴリ: 鉄道駅関連のスタブ項目 | 台湾関連のスタブ項目

おみそしる
My First JUGEM!
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化
出会いランキング
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。